Menu

TPP・「環太平洋パートナーシップ」とは

海外輸送、コンテナ、そのような用語とともに、私達は、いまリアルに、TPPと向きあう必要があります。

TPPとは、非常にメジャーな言葉です。ただし、わからないという人たちもいらっしゃるのではないでしょうか……。

もう周囲の人たちに聞けないという方々のために、ざっくりと解説しましょう。

海外輸送におけるTPPとは

海外輸送においても「TPP」とは欠かすことができないキーワードです。

TPPとは、「環太平洋パートナーシップ」のことです。

環太平洋パートナーシップが何かと言えば、ざっくり、「ヒト」、「モノ」、「資本」、「情報」のすべてに対し、参加している国々がみんなでルールやメカニズムを作り上げていくという方針のことであり、海外輸送も環太平洋パートナーシップで作りあげたルールにしっかり従い行動する必要があります。

海外輸送に関われば、関税の問題も無関係でいることができませんし、関税の取り決めをするのも環太平洋パートナーシップの役割であり、更に、環太平洋パートナーシップでは、サービス、投資、特許などの経済分野、また環境や医療……に対してまでいろいろ話しあいが行われます。

TPPのメリットデメリット

環太平洋パートナーシップのメリットデメリットについてお話ししましょう。

輸入に対して言えば、関税が撤廃されれば、海外の商品を非常にリーズナブルに購入することができるようになります。

しかし、そうは言うものの、そのような関税撤廃を100%良しとすることができません。そのような状況が続いてしまえば、日本はデフレーションの危機を迎えてしまうことになります。

デフレーションが起これば、安い価格でないとモノが売れないため様々な企業の利益が激減してしまうことになります。そして、仕事をしている人たちの賃金も結果減少してしまう事態になります。

輸出に対して言えば、 関税撤廃が起これば、輸出量が増やすことができ、経済は大きく成長すると見込むことができます。

今後、国内だけ視野に入れていた企業も、輸出を視野に入れて戦略をたてていくことができます。

貿易の規制自体が緩和

環太平洋パートナーシップでは、関税の問題だけでなく、貿易の規制自体が緩和もされることになります。

輸入チェックやそれぞれ証明書発行というものに対してです。手続きが面倒くさいとなかなか進行しないことが簡略化されることで、業務はがぜんスピードをあげ効率化させることができます。

新着記事