Menu

コンテナハウスは燃えにくい 気密性、耐震性に優れている

コンテナハウス、木造住宅、あなたはどちらを選択するのでしょうか。コンテナハウスは、木造住宅よりもリーズナブルと思っている人たちがいるかもしれませんが、おおかた木造住宅よりもコンテナハウスの方が高くついてしまうでしょう。

しかし、コンテナハウスは木造住宅と比較して決してデメリットばかりということではありません。

コンテナハウスといったら中古コンテナ.net

木造住宅と比較してコンテナハウスのメリット

木造住宅と比較してコンテナハウスにはどのようなメリットが存在しているのかということを見てみましょう。

木造住宅と言えば、柱、梁といった木材の軸組で支えている木造軸組構法であり、かつ在来工法です。

コンテナハウスと、木造住宅と比較すれば、構造自体にも大きな違いを見ることができます。

住宅としての違いは、構造によって生まれる、 性質や性能、そして価格の違いということになります。

木造住宅のメリットといえば、木本来の素材のメリットをおおいに活かすことができる点です。

吸湿性や断熱性によって自然な住環境を作り出すことができます。

コンテナハウスには、それは出来ないですよね。

しかしコンテナハウスには、木造住宅と比較して、気密性が高いので、暖房の熱、またエアコンの冷気を外に逃さないで、より遮音性を高くすることができます。

コンテナハウスは燃えにくいです。

木造住宅は、火に対してとても弱いという感じがありありとしますが、 コンテナハウスの場合は燃えにくいです。

ですから、コンテナハウスは、 準耐火建築の基準値はすぐに満たすことができるでしょう。

ですから、 火災保険料も安くなることを期待することができます。

コンテナハウスの方が耐震性も優れている

日本の場合、地震大国なので、しっかり耐震性についても考える必要があります。

木造住宅と比較して、やっぱりそのあたりの問題も、確実にコンテナハウスの方が優れています。

シェルター用にコンテナハウスを作るという方々もいらっしゃるのでしょうか。シェルター用としたら、コンテナハウスは、案外リーズナブルな発想になるのかもしれません。

12フィート(8.9平方メートル・約5.5帖)のコンテナハウスという場合、10平方メートル以下なので、一定の条件だけクリアすれば、建築確認申請は必要ありません。

シェルターとしてコンテナハウスを作り、普段は、ガレージやセカンドハウスとして利用しているという方々も多くいらっしゃるようです。

木造住宅では、なかなかこのようなフレキシィブルな対応は出来ないのかもしれません。

新着記事